松の茶屋 (矢掛町)   

2008年 03月 16日
小田郡矢掛町にある
築180年という大庄屋の旧宅を再生した
豆腐料理・懐石料理・炭火焼きが食べれる
『石亭 松の茶屋』へランチに行ってきました。

11時に到着したにもかかわらず、すでに車が何台も・・
ほぼ予約席で埋めつくされ、3席ほど空きがあっただけのようでした。
(予約を入れたほうがいいと聞いていたものの
平日の11時なら問題ないでしょ!と変に余裕気分でいました)

d0114841_23584770.jpg

d0114841_0255293.jpg
d0114841_0335267.jpg
d0114841_0525262.jpg
d0114841_05346100.jpg

d0114841_155324.jpg
d0114841_16610.jpg

d0114841_1302220.jpg
d0114841_1303875.jpg
お造り/湯葉他

d0114841_1312026.jpg
d0114841_1313722.jpg
茶碗蒸し/がんも

d0114841_1315191.jpg
d0114841_132741.jpg
豆腐のすし/できたて自家製豆腐

d0114841_1325061.jpg
d0114841_133967.jpg
炊き合わせ/おからサラダ

d0114841_1332858.jpg
d0114841_133449.jpg
天ぷら/水車で12時間かけて精米したご飯・お吸い物・漬物

d0114841_1431363.jpg柚子茶で終了。

2時間ぐらいかけての食事
なんて贅沢時間なんでしょう!
ヘルシーだし、どれもとても美味しくて
お腹も心もたっぷり満たされました♪


天気もいいので食後に少し周辺散策
気持ち良かったぁ~



d0114841_2362493.jpg
d0114841_236386.jpg
裏にある竹林と巻きつきながら成長している木(枝?)

「石亭 松の茶屋」
小田郡矢掛町小林746-1
℡/0866-83-1008
営業時間/11:00~14:00/17:00~21:00(OS)
定休日/月曜日 ※祝日の場合は営業
駐車場 40台
[PR]

# by wanaseikatu | 2008-03-16 23:59 | ご飯・お茶や

こんな2作品   

2008年 03月 14日
d0114841_23464079.jpg『天空の草原のナンサ』
2005年/ドイツ






「らくだの涙」の監督がおくる、モンゴルの不思議と驚きに出会う旅!遊牧民の6歳の娘ナンサはある日かわいい子犬と出会う。父に内緒で犬を飼い始めたナンサだが、放牧に出かけた草原で犬とはぐれてしまう・・・。日本でも劇場大ヒット、カンヌ映画祭で“パルムドッグ賞”も受賞した話題作!

遊牧民の素朴な日常生活が淡々と描かれ、とても優しい気持ちになれる作品
ラストのシーンはとても微笑ましい。犬も可愛いし♪
思わず・・ 
ナンサ、良かったね~。と画面に話しかけてしまうとこでした。



d0114841_23434766.jpg『母をたずねて1800マイル』
2001年/フランス・チュニジア・ベルギー













『それでも生きる子供たちへ』のメディ・カレフ監督が贈るヒューマンドラマ。フランスのトップモデルのラリアは叔母と共に赤ん坊の時に自分を捨てた母親を探す旅に出る。さまざまな出会いを経て、目的地に到着した彼女たちに明かされる真実とは?

この作品は実話ではないかもしれないけど
辿り着いた国の女性の扱われ方の酷いことと言ったら・・
生きていくために、家族を支えるために
何かを犠牲にしないといけないかもしれない。
結末もショックですが、そんな国(実在するはず!)に生まれた女性は
幸せなのだろうか?と思ってしまう。
日本に生まれて良かったなぁ~と思わずにいられない。
[PR]

# by wanaseikatu | 2008-03-14 23:56 | 映画

いたずら   

2008年 03月 13日
d0114841_0201815.jpg

     



 人間年齢では46歳くらいだけど
 まだ老眼は必要ないらしい。


 父親に悪戯されて、固まるポラン・・
[PR]

# by wanaseikatu | 2008-03-13 00:25 | わんこ

鞆の浦 (福山市)   

2008年 03月 10日
予定外の美術館3館めぐりした後に、本来の目的地である
万葉集にも詠まれた景勝地 福山市鞆の浦へ。

d0114841_17575388.jpg

d0114841_1758816.jpg

2時。遅めのお昼を取るためにお店に向かう途中、何やら人だかりを発見。
カメラ、マイクもあり何かの撮影?
覗いてみると・・

d0114841_17591582.jpg

d0114841_17593142.jpg




大林宣彦さん。
小学生10名くらい相手に
何かを話していました。
鞆の浦で埋め立て・架橋計画を巡り、大林宣彦さんが反対運動をしていて
今回も立ち寄っていたそうです。
(周辺道路が狭く、県と市が砂浜の一部を埋め立て湾を横切るバイパス橋建設を計画)
↓ こちらのお店の人に聞きました。

d0114841_1805387.jpg
入口がかなり低いため、頭に気をつけて入らなきゃ!と思いつつも
余りの空腹と考えごとをしていたせいか、ゴン!という大きな音とともに激痛
思いっきり頭をぶつけてしまった私。
お客さん全員注目、お店の人には「大丈夫ですか!?」と。
帰りには当然「頭に気をつけてくださいね!」 

さて、お腹も満たされ2/15-3/23開催中の「第6回 鞆・町並ひな祭」
江戸時代の七段飾り、明治期の御殿など様々な雛飾りを楽しみました。
4年前に蔵から見つかったという100年前のお雛飾りは
100年も眠っていたとは思えないほどの素晴らしさでした。
しかし、お内裏様はハゲでした。烏帽子は見つからなかったそうです。
残念ながら、狭いスペースで人もいて写真は撮れませんでした。

d0114841_181272.jpg
d0114841_1812620.jpg

d0114841_1815662.jpg
d0114841_1815891.jpg

d0114841_1822526.jpg
      蕎麦作りの様子がリアルタイムに流れていました。

d0114841_1845153.jpg

d0114841_1851754.jpg

さよりのみりん干しが美味しかったので
お土産に買って持っていたせいか
このネコは何度も何度も擦り寄ってきて
離れてくれません。
写真撮ろうと思って離れても
すぐに近づいてくる可愛いコでした。


今回は時間の都合と雛中心に巡っていたので神社とかお寺が見れず。
また次回ですね~
[PR]

# by wanaseikatu | 2008-03-10 01:50 | 町並み

久しぶりの2作品   

2008年 03月 09日
1ヵ月半ほど「24」漬けのため、映画はお休みでした。

d0114841_22333355.jpg『24 TWENTY FOUR シーズン VI』
2007年/アメリカ




CTU捜査官、ジャック・バウアーの活躍を描いた大ヒットTVシリーズの第6シーズン。ジャックが中国政府に拉致されてから約2年。短期間で相次ぐテロ攻撃に頭を悩ます米大統領は、ある苦渋の決断を迫られる。

6シーズンになるのに、相変わらず観始めるとハマってしまう。
通算して144話分観たのに、ジャックにとってはほんの6日間の出来事なんだよね~
なんてタフな男なんでしょうね・・ 

ジャックとお別れした後に観た2作品はこちら↓

d0114841_2240472.jpg『カストロ CASTRO』
2003年/ドイツ

キューバ国営フィルムに眠る貴重な記録映像から制作されたドキュメンタリー。キューバ最高指導者・カストロによって運命を決定付けられた人々、キューバ革命の支持者と敵対者などが、それぞれの人生を振り返る。

理想主義をキューバ国民に従わせてる点では、独裁者に違いない。でも多くの人に支持され愛されているのが、このドキュメンタリーで伝わり独裁者ってなんだろう?と思わされる。
革命を起こす人物だけにカリスマ性は、やっぱり凄い。


d0114841_22404558.jpg『ある日、突然。』
2002年/アルゼンチン

世界中が注目する弱冠26歳の新鋭、ディエゴ・レルマンの長編監督デビュー作となる新感覚の青春ロードムービー。3人の少女が旅を通してさまざまなことを経験し成長していく姿をスタイリッシュに描く 。


なんだか、とても不思議な作品で
何故リストに入れたのか不明・・
[PR]

# by wanaseikatu | 2008-03-09 22:46 | 映画