忙しくても・・ 観る!   

2007年 05月 06日
GW終了!
楽しい休暇を過ごした人たちから私への贈り物は、たくさんの仕事・・
最終日だけに覚悟はしながらも、悪天候を願っていました。
今日は外には出たくない!と思ってくれますように・・と。
天気は良くはなかったけど、その願いは叶わず。
お昼20分ほどゆっくり休めただけ。(電話で休憩も中断) はぁ~
明日から本当の地獄が待っているのね・・

そんな日々ではあっても、寝る時間をちょっと省いても映画は観なきゃ!
今週の2作品紹介♪

d0114841_23221779.jpg『ゆれる』
2006年/日本




「蛇イチゴ」で注目を集めた新鋭・西川美和監督が、オダギリジョーと香川照之という実力派2人を迎えて贈る上質のミステリー・ドラマ。ある出来事をきっかけに対照的な兄弟の間に巻き起こる心理的葛藤が巧みな構成で描かれてゆく。東京で写真家として成功し、自由奔放に生きる弟・猛。母の一周忌に久々に帰郷した彼は、そこで父と共にガソリンスタンドを経営する兄・稔と再会する。翌日、兄弟はガソリンスタンドで働く幼なじみの智恵子と3人で近くの渓谷に足をのばす。ところが、川に架かる細い吊り橋で、智恵子が眼下の渓流へと落下してしまう。その時、そばにいたのは稔ひとりだった…。

d0114841_23231814.jpg『カポーティ』
2005年/アメリカ




ノンフィクション・ノベルという新たなジャンルを切り拓いたトルーマン・カポーティの傑作『冷血』誕生の秘話を描いた伝記ドラマ。カポーティの複雑な人物像を巧みに演じきったフィリップ・シーモア・ホフマンは、みごとアカデミー主演男優賞を獲得。1959年11月15日、カンザス州ののどかな田舎町で一家4人惨殺事件が発生する。翌日、ニューヨークでこの事件を知った作家カポーティは、これを作品にしようと思い立ち、すぐさま現地へと取材に向かう。やがて逮捕された犯人との接触に成功したカポーティは、多くを語らぬ犯人に創作意欲を刺激されていく。

オダギリジョー、香川照之にフィリップ・シーモア・ホフマン
さすが実力派俳優だけあって演技がいい!
両作品とも複雑な心理描写、葛藤で心が「ゆれ」ました・・
(ハッキリした結末が好みの方にはオススメしません)
カポーティが『冷血』以降、作品を完成してなくアル中で死んでいったという人生の方が気になる!『冷血』読まなきゃ・・

気分が重くなる映画を観つつも『アルプスの少女ハイジ』で癒され中
余りにも癒されすぎて途中で寝てしまうくらい。。
(えっ?ただの疲れ?)
以外に覚えていることにびっくり☆ ハイジの世界にどっぷりはまっていま~す♪♪
[PR]

by wanaseikatu | 2007-05-06 23:24 | 映画