カテゴリ:本( 127 )   

芸術新潮 2017年4月号   

2017年 04月 19日
d0114841_06045393.jpg

【特集】
今も怒濤の創作全開
草間彌生が凄すぎる!

◆ special features ◆
第一部
わが永遠の魂
独占インタビュー
溢れ出るアイディアは尽きることなく
撮影 荒木経惟
驚異の最新シリーズを一挙公開&徹底解剖!
解説 南雄介
第二部
世界のKUSAMAへの軌跡
天才少女あらわる 1929-1956
無限の網の絵画革命 ニューヨークにて 1957-1965
グラフ
YAYOI in NY

初めてのヴェネツィア・ビエンナーレ 1966
ヒッピーの女神 1967-1972
日本への帰還 苦難の再出発 1973-2003
21世紀、衝撃の新展開
「クサマトリックス」から「愛はとこしえ」へ 2004-2008
「この天才をヴェネツィアとMoMAへ連れてゆく」
談 建畠晢
精神科医が読み解く草間芸術の崇高
談 斎藤環 

[PR]

by wanaseikatu | 2017-04-19 00:00 | | Comments(0)

LDK mini 年末超特大号   

2016年 11月 30日
いいもの。

d0114841_00044170.jpg

[PR]

by wanaseikatu | 2016-11-30 00:00 | | Comments(0)

MOE 2016年12月号   

2016年 11月 17日
d0114841_05581831.jpg

巻頭大特集
フィンランド現地取材
ムーミン谷の旅

ムーミン童話の世界を旅する
トーベ・ヤンソンゆかりの地ペッリンゲ
ムーミンの絵本を描く カーラ夫妻に会いに
ムーミンのマグネットをつくる自宅工房へ
活版カードの会社 プティンキを訪ねて
ムーミンドットコムで見つけた 宝ものムーミン
トーベ・ヤンソンの壁画がある美術館
ウチのオススメ 世界一かわいいムーミングッズ
「世界一かわいいウチのムーミン」大募集!
サマーハウスでサイレントを楽しむ
テキスタイルデザイナー 島塚絵里さんの素敵な暮らしを訪ねて



[PR]

by wanaseikatu | 2016-11-17 00:00 | | Comments(0)

村上海賊の娘   

2016年 09月 23日
電子書籍ではなく、文庫化してから買おうと思ってたら
上下巻のはずが文庫は4巻になってる。2巻にしてよー

d0114841_01362569.jpg

[PR]

by wanaseikatu | 2016-09-23 00:00 | | Comments(0)

落書き   

2016年 03月 31日
母の本に誰がこんな落書きを?

d0114841_3173735.jpg
落書きに気付くこともなく、処分してたけど。




[PR]

by wanaseikatu | 2016-03-31 00:03 | | Comments(0)

和服と寝具   

2016年 03月 31日
母、断捨離中?
処分品の中から発見
昭和40年2月1日発行
『婦人倶楽部2月号付録』

d0114841_2514451.jpg岩下志麻さん   



d0114841_2524758.jpg
二十代の小紋

d0114841_2534836.jpg
三十代の小紋

d0114841_254303.jpg三田佳子さん
二十代の訪問着
今年の訪問着は、尾形光琳の250年祭を記念し、光琳風の古典柄、
扇面、草花、流水などの格調のある柄を、柔らかい地面の上に
美しく彩色した重厚な感じのものが流行しそうです。(昭和40年)

d0114841_2584810.jpg
和服と寝具の仕立てについての内容が細かく詳しい。
さすが和裁が普通の時代ですね。

モデルの女優さんも豪華☆ 可愛らしくて綺麗!

d0114841_325317.jpg星由里子さん
浜美枝さん

d0114841_321934.jpg池内淳子さん
久我美子さん

d0114841_314927.jpg香川京子さん



付録レベルではなく、ギュッと詰まった濃い内容の170P
着物も可愛いし時代が感じられて楽しい。
母の処分行きは、私の本棚へ変更します。


[PR]

by wanaseikatu | 2016-03-31 00:00 | | Comments(0)

こんな本   

2015年 11月 30日
d0114841_216212.jpg『MOE 2015年9月号』

◆巻頭大特集◆
高畑勲、宮崎駿たちを輩出した名作アニメーション
世界名作劇場と赤毛のアン

あなたは覚えていますか?
毎週日曜日の夜に放送されていた世界名作劇場のことを。



d0114841_2172990.jpg『文藝春秋 2015年9月号』

芥川賞発表 受賞作二作全文&選評 又吉直樹 羽田圭介
独占手記 妹・川上慶子と私の三十年








d0114841_2132812.jpg『キネマの神様』
著者:原田 マハ

歳独身の歩は突然会社を辞めるが、折しも趣味は映画とギャンブルという父が倒れ、多額の借金が発覚した。ある日、父が雑誌「映友」に歩の文章を投稿したのをきっかけに歩は編集部に採用され、ひょんなことから父の映画ブログをスタートさせることに。“映画の神様”が壊れかけた家族を救う、奇跡の物語。




d0114841_2143064.jpg『音のない記憶 ろうあの天才写真家井上孝治の生涯』
著者:黒岩 比佐子

耳と言葉の障害を才能にまで昇華させプロを超えたアマチュア写真家、井上孝治。3歳のとき自宅の階段から落ちて、聴覚と言葉を失いながら、ハンディキャップを乗り越え、フランスの「アルル国際写真フェスティバル」に招待され「アルル名誉市民章」を得るまでの写真家となった。同時に、ろうあ運動にも心血を注ぎ、全国のろうあ写真家を一つにまとめ「全日本ろうあ写真連盟」を創立した。生きることに誇りと希望を持ち続けた障害者の一生を克明に浮かび上がらせる渾身のノンフィクション。
[PR]

by wanaseikatu | 2015-11-30 00:00 | | Comments(0)

MOE 2015年12月号   

2015年 11月 02日
d0114841_05513872.jpg

巻頭大特集
ムーミン出版70周年 フィンランド現地取材
ムーミン 童話・絵本・コミックスのすべて

あなたはどのムーミンを読みましたか?
ムーミンの創作秘話・1 冨原眞弓
個性を尊重しあい、自分を大切にするムーミン谷の素敵な人間関係
日本で出版されたムーミンの本すべて見せます!
新しいムーミンを描くカーラ夫妻のアトリエへ
ムーミンの創作秘話・2 ソフィア・ヤンソン
ムーミンの創作秘話・3 ヘレン・スヴェンソン
マグカップの中のムーミン
フィンランドのコレクターが集めた宝ものムーミン
大人かわいい最新ムーミン雑貨



[PR]

by wanaseikatu | 2015-11-02 00:00 | | Comments(0)

こんな本   

2015年 10月 04日
d0114841_265329.jpg『へうげもの 七服』
著者:山田 芳裕

「秀吉暗殺」「わび数奇革命成就」。茶聖利休の野望はあえなく潰え、遂に末期の座に臨むが、その流儀は秀吉を嗤うが如し。
介錯を命じられた織部は、恩讐を越え、偉大なる師を黄泉へと送るのだった。非情のライセンスは武人の宿命。男の数奇は死闘也。

d0114841_27177.jpg『へうげもの 八服』

数奇の天下征服のため、渾身の極“乙”器を世に放たん。新窯術獲得を企て、織部は敵地朝鮮へ密航。彼の地に待っていたのは、量産を可能とする登窯、垂涎の名物茶碗、不遇な女性陶工との出逢いだった。命懸けの帰国も束の間、人生最大の危機が織部に襲いかかる。


d0114841_271669.jpg『へうげもの 九服』

窯大国・朝鮮からイノチガケで得た新窯術によって、またひとつ「へうげた」うつわが生まれた。“織部ごのみ”はさらなる飛躍を遂げる。無謀な半島侵略に、武将たちの疲弊と不満は頂点に。
政権簒奪に燃える家康に対し、秀吉の命は潰えようとしていた。

d0114841_272311.jpg『へうげもの 十服』

秀吉への殉死を拒み、数寄三昧で暮らす織部。
徳川VS.石田の抗争激化を余所に、遂に織部好みの代名詞
「へうけもの」完成へ!

[PR]

by wanaseikatu | 2015-10-04 00:00 | | Comments(0)

こんな本   

2015年 09月 10日
d0114841_030929.jpgd0114841_0342778.jpg『どうらく息子』
尾瀬あきら / 落語監修:柳家三三
d0114841_034405.jpgd0114841_0304363.jpg

寄席で憧れた落語家・惜春亭銅楽師匠のもとに入門した惜春亭銅ら壱。
しくじり(失敗)を起こし、叱られ、反省し、成長しつつある前座修業ではあったが…
第10集では、銅ら壱が大しくじりで前座一年生に降格処分にあって再出発をはかります。
噺家の腕の見せどころともいわれる「紺屋高尾」が丹念に描かれているほか、「平林」、「弥次郎」などの演目が登場。
第11集では、銅ら壱が降格処分から急転直下の二ツ目昇進を果たします。
演目「締め込み」のほか、「夢金」など登場。
第12集では、二ツ目に昇進した主人公・銅ら治が、修業に恋にめざましい進歩を遂げます!!
また兄弟子錫楽や姐弟子銅ら美の二ツ目としての成長を描きます。
演目「幇間腹」のほか、「風呂敷」など登場。
第13集では、二ツ目に昇進した主人公・銅ら治が、与えられた楽屋働きをしていればよかった
前座時代には感じなかった、自分がやるべき道を見失う二ツ目ならではの問題に直面します。
演目「二階ぞめき」のほか、「やかんなめ」「佃祭」など登場。
[PR]

by wanaseikatu | 2015-09-10 00:00 | | Comments(0)